PAGE...|
(上)優雅な回廊を意識したエントランスホール。アールデコ様式をベースに幾何学的なモチーフを取り入れ、石材や木調の素材を生かして上質でシックな空間に仕上げている。(下)テレビ塔がシンボリックにそびえる久屋大通公園。南北約2kmに渡って並木や芝生が緑の風景を生み出し、人々が集う都市のオアシスとなっている。

※掲載の環境写真は2020年10月に撮影したものにCG加工を施しており、実際とは多少異なります。

「ザ・ファインタワー久屋大通」が建つのはその公園に直結する久屋大通駅から徒歩わずか2分、約100mの距離。久屋大通駅には地下鉄桜通線と名城線の2路線が乗り入れ、名古屋駅までは5分でアクセスできる。さらに南側の栄駅まで徒歩7分、西側の丸の内駅まで徒歩6分と、抜群の利便性と繁華街のにぎわい、そして緑豊かな環境のすべてが享受できる絶好のロケーションと言える。それだけに資産性も高く、賃貸やセカンドハウスとしての利用にも最適だろう。

 また、タワーの南側に広がる栄エリアは近年、再開発ラッシュが進み変貌を遂げようとしている。中日ビルの建て替えを始め「錦三丁目25番街区」の新築ビル、名古屋三越栄店の建て替えなどがすべて高さ170mを超え、超高層ビル群が生まれる予定だ。一方で、タワーの北側は県庁や市役所を始めとする庁舎が集約する「三の丸地区」。こちらも再整備計画が進むため、今後、ますますの発展が期待できるのだ。

 もちろん、建物の魅力も申し分ない。アールデコ様式を主とした奥行きのあるデザインに、シンメトリーな構造。そして人を包み込む空間美を意識した共有部のしつらえには、誰もが目を留めるだろう。タワー内はすべて住まいとして計画され、約35~155㎡の間取りで多様な家族構成に対応。隣接する二つの住まいを連結するプランも検討できる。何よりも大切な安心・安全面においては、制震構造を採用。京阪電鉄不動産を始め名鉄不動産、セキスイハイム東海の三社がそれぞれの強みを生かした共同事業のため、そのクオリティも高まっている。

 実際に住まうのはもちろん、将来性の高い資産としても見逃せないタワーマンション。その美しい摩天楼が、間もなく誕生する。

●「ザ・ファインタワー」マンションギャラリー TEL0120-138-775

資料請求 HPはこちら
PAGE...|
LINK
LIVING
未来資産を築く
>>2021.8.26 update
LIVING
名古屋初〝暮らせる都心〟
>>2015.8.31 update
LIVING
超都心×超高層のSUPERコラボレーション
>>2009.1.15 update
CULTURE
幕末明治の最後の浮世絵
>>2018.1.7 update
STYLE
五感で楽しむ体験型ショップ
>>2019.6.7 update

記事カテゴリー