PAGE...||
本社工場に隣接する青梅店。専門の販売スタッフが商品の特徴を丁寧に説明してくれる。この他、百貨店内を中心に全国で73店舗を展開。
上質な暮らしをかなえるタオル ホットマン
Photo Satoru Seki
Text Asuka Kobata
吸水性抜群の「1秒タオル」で話題を集める東京・青梅のタオルメーカー、ホットマン。製造過程の全てに関わり品質に徹底してこだわる姿勢が、多くの人々に長く愛される製品を生み出し、快適で心豊かな暮らしを実現してくれる。
お風呂上がりや洗顔後など、毎日必ず使用するタオル。日常生活に欠かせないアイテムだが、どのような基準で選ぶとよいのだろうか。
「私たちが特に重視しているのは吸水性です。吸水性が高ければ、肌触りがとても気持ち良く、ぬれた肌や髪も傷付きにくくなります」
 こう話すのは、ホットマンの代表取締役社長を務める坂本将之氏。同社は古くから織物が盛んであった東京・青梅を拠点とし、時代に左右されない上質なもの作りを発信し続けるタオルメーカーだ。
 創業は1868年。当初は絹織物製造業としてスタートし、1963年からタオルの製造を始めた。細い絹糸を高密度で織り上げる高度な技術を約150年にわたり引き継ぎ、現在では商品開発から製織や染色、縫製、販売まで全てを自社で展開。分業制が主流である日本のタオル製造業界において、開発から販売までを一貫して行う。直営店は全国で73店舗に広がり、こだわりを持って丁寧に作られた上質なタオルの魅力が注目を集めている。
PAGE...||
LINK
LIVING
IKEUCHI ORGANIC 福岡店がオープン
>>2015.6.26 update
STYLE
今治タオルの極上の肌触りを体感するイベントが開催
>>2015.4.7 update
STYLE
幸せを届ける上質なタオル テネリータ
>>2017.12.6 update
LIVING
家族の原風景を生み出す家 HOP
>>2013.6.1 update

記事カテゴリー