PAGE...|
大開口から光が差し込む開放的なリビング。外部からの視線を遮る大きな壁があるため、窓を開け放してもプライバシーが守られ、カーテンも必要ない。写真は「レグヌム コート」ハウジングステージ新宿展示場。※「レグヌム コート」はハウジングステージ新宿展示場および品川シーサイド展示場で見学可能。詳しくはウェブサイトへ。
自然を感じ自由に
豊かに暮らす「王国」
Text Asuka Kobata
スタイリッシュな都市の暮らしと、プライバシーに守られた自然体の家族との時間を美しく両立したい。そんな理想の住まいをかなえてくれるのが、積水ハウスの「REGNUM COURT(レグヌム コート)」だ。長年の経験で培ってきた同社の優れた技術力と設計力が集結し、新しいかたちの都市型住宅が誕生した。
澄んだ青空が心地良い午後。柔らかな光が差し込むリビングで、風を感じながらのんびりと過ごす。みずみずしい木々の枝葉を眺める大空間が、都市部にいながらもリゾートで過ごしているかのような感覚にさせてくれる。
 利便性の高い都市部での暮らしは絶対に譲れない。交通の便が良く、買い物や食事にもすぐに出られるうえ、医療環境や教育環境も整っている。その一方で、緑豊かな郊外のように、カーテンや窓を開け放ち、自然に包まれて暮らしたいと考えている人は少なくはないだろう。
 そんな需要に応えるのが、積水ハウスが新たに提案している都市型戸建住宅「REGNUM COURT(レグヌム コート)」だ。外部に対しては壁を立てて閉じる一方、その内側に自然豊かな庭のある住まいをつくり、プライバシーを守りながらも常に光や風、緑を感じる空間をかなえている。
 外部からの視線を遮る大きな壁がある。それだけを聞くと閉鎖的なように思えるが、これが開放的に暮らすためのポイント。壁によりプライバシーが完全に確保されるため、カーテンや窓をいつでも自由に開け放つことができるのだ。都市部において外部からの視線を気にせず、開放的な暮らしができるというのは、最高の贅沢と言えるだろう。
 「レグヌム」はラテン語で「王国」を意味し、壁の内側に「自分と家族のための王国」をつくり上げる発想。たとえば、本格的な料理でゲストをもてなす「食の王国」、好きな映画を好きな時間に見る「芸術の王国」、露天風呂のような開放的なバスタイムを楽しむ「健やかの王国」など、ライフスタイルに合わせた暮らしが上質な空間で実現できる。
PAGE...|
LINK
LIVING
幸せをもたらす住まい
>>2020.4.28 update
LIVING
愛着を持って気持ち良く住まう都市型輸入住宅
>>2016.2.4 update
CULTURE
柔らかな光を演出する
>>2018.10.3 update
LIVING
『イタリアの街』を再現した、 中庭とガレージのある家
>>2011.7.19 update
LIVING
真の心地良さをかなえるモダンな邸宅
>>2017.5.1 update

記事カテゴリー