PAGE...||||||
「つくる、つかう、もどす」の循環型システムのなかで
(写真左)コーポレートレポートは環境省等が主催する第11回 環境コミュニケーション大賞で2年連続、持続可 能性報告優秀賞を受賞。(写真右段)INAX:GINZA内。タイルの展示はINAXショールーム随一の品揃え。
「For Precious Life(あなたの大切な暮らしの ために)」をブランドステートメントに掲げ、企 業コンセプトとして「文化度の高いデザインオ リエンテッドカンパニー」であり、「人と地球を 考えた環境美を創造する企業」であることをう たっているINAX。快適で素敵な暮らしと環境負 荷削減を同時に実現する生活を形にするのが 同社の推進する事業であり、エコとなる。節水、 節電、長寿命化などにより資源やエネルギーの 使用量、廃棄物、排出量が少ない循環型社会を 目指すものづくりは、「つくる、つかう、もどす」と いう言葉で表現され、その各ステージで環境負 荷を最小化し、パフォーマンスを最大化する商 品づくりが目標とされる。
LINK
STYLE
Amazonがいよいよ簡易包装に着手
>>2009.4.17 update
STYLE
JTBが法人向け「CSRツーリズム」を発売
>>2009.1.9 update
STYLE
BANYAN TREE HOTELS & RESORTSのCSR
>>2009.1.9 update
STYLE
地域との調和を目指して
>>2009.1.9 update
STYLE
地球温暖化防止に一役買う!? 「エコ投資」
>>2009.1.9 update

記事カテゴリー